年収が高いほど幸福度が高くなる?

年収が高いほど幸福度が高くなる?

・資格スクエアの口コミとまとめサイトは貴方を応援します。

資格スクエアの事を知るサイトへようこそ!

《2018/12/10..更新》



 

「資格スクエア」とは


 予備校でも通信講座でもなく

 新世代の学習法オンライン学習サービスです。

 

▼各種資格に対応する『資格スクエア』は脳科学に基づいた問題演習機能で 
法律系難関資格の「司法試験、予備試験、司法書士、行政書士」学習します。

年収1000万vs300万:人生とお金の満足度とは?

 

年収が高いほど幸福度が高くなる?

 

様々な研究でわかっていると言う!
今回の調査でもその傾向は、あるようだ。

 

年収300万円父さんも、幸福度70点以上が半数近くいることも判明。
一方で年収1000万円も稼いでいるのに、幸福度が70点未満の
不機嫌な父は30%強だった事もわかった。

 

「稼がなくても幸せな人」と「稼いでも幸せになれない人」
両者の違いを徹底分析

 

 

調査で、年収1000万円以上で幸福度が70点未満だった人を「不機嫌父さん」、年収300万円台でも幸福度が70点以上だった人を「ハッピーパパさん」と位置づけてみた。

 

不機嫌父さん

 

この場合残業時間が多く、慢性的に精神的にもお疲れの様子
プレッシャーが大きいわりに、評価は自分が思うほど高くない。
業績重視の職場は、当然ギスギスしていて悩みを打ち明ける相手もいない・・・

 

そんなに不機嫌で辛ければ、少し力を抜いてもイイのにも関わらず、
高年収エリアの人として、プライドが許さない。
しかも、同じ年収でハッピーな「エリート父さん」ほど「突き抜けた能力は別に無い...」中途半端な能力×中途半端な自尊心。

 

大企業で働く人のマジョリティーは、大体このタイプ。

 

 

 

一方、「ハッピーパパさん」はそんな過酷な競争に初めから参加していない

 

だから彼らは、ストレスが小さい。
職場に足の引っ張合いはなくて、ソコソコの努力でソコソコの評価を受けて、その辺はまったく不満はない。
まさに身の丈に合ったビジネスライフパパだ(笑)

 

ちなみに、ハッピーパパの実家 32%、 対して不機嫌父さんの方は、14%である。

 

 

 

世代は離れているが、ハッピーパパさんも、出世競争にアクセクするよりも、狭い世界で居心地のいい人間関係に癒やされる事を選んでいる気がする。

 

資格スクエア,資格

   ・全く新しい学習法を提案

 「憲法90分カリキュラム」7日間無料体験実施中!

 





資格スクエア,資格

トップへ戻る