司法試験に合格した際には、3つの職を

手にする資格を得ると言う事です。

資格スクエア,資格

 

法曹三者と言われる「弁護士」「検察官」「裁判官」です。

 

 

特に、裁判官は弁護士と検察両者の意見を踏まえて
決断を下す花形の職業と言う事が出来ます。

 

その花形ともいえる裁判官はどれ程の年収をみらっているのか?

 

 

想像しにくいですよね。(´0ノ`*)

 

 

・裁判官の年収の仕組み

 

まずは月給227000円からスタートします。
これは簡易裁判所も同じです。

 

 

最初は判事補十二号若しくは簡易裁判所十七号から
スタートしますが、月給は227,000円です。

 

 

そして、年功序列で等級が上がるにつれて
徐々に月給は増えていきます。
最高裁判所長官ともなれば月給205万円にもなります。

 

 

差が付くのは判事補三号あたりからです。
因みに判事補三号の月給は83万円です。

 

想像通りだったでしょうか?
資格スクエア,資格

 

 

   ・全く新しい学習法を提案

 「憲法90分カリキュラム」7日間無料体験実施中!

 





資格スクエア,資格

トップへ戻る