内定が決まらない友人や知人を見てきて思ったこと

内定が決まらない友人や知人を見てきて思ったこと

 

内定が決まらない友人や知人を見てきて思ったこと

 

基本は面接官に与える印象・イメージが重要だということです。
企業の情報も大切ですが、何よりも大切だと思うことが自分自身を深く理解し面接で話せるよう訓練することです。

 

 

?

 

内定,メラビアンの法則

 

 

例えば

 

友人P君は声がこもってしまうことが多くボソボソ的な話し方で語尾をやや伸ばすクセがあるからハキハキした印象を受けないです。

 

 

知人N君は普段から顔色が悪く猫背姿勢な為暗く弱い感じがアル。
折角の面接時に頑張ってシャキッと背筋を伸ばすことをしないので面接でもそれが出ていたのかもしれません。そう思う。

 

 

女性のTさんに関しては笑顔が印象良くて問題はないと思うのですが時に目をつぶり返答に困る事がよくあるので、せっかくの笑顔が打ち消され少し暗い印象を与えてたのかもしれません。

 

 

 

自分が思うのは自己PRや志望動機の内容というより一番に面接官に与える印象やイメージが結果を左右ことが大いにあります。

 

 

 

例えば、心理学用語の「メラビアンの法則」をご存知でしょうか?

 

 

言葉以外の要素で、声のトーンや大きさ、ボディランゲージ、見た目の印象などの重要性を説いた法則として有名で、「メラビアンの法則」といい【人は見た目が9割】と言う根拠にもなっている法則ですね。

 

 

 

 

就職が決まらない人の特徴がある。

 

 

 

@常に面接で落ちるその理由が分からないと言う方の共通するポイントが面接で求められている内容を理解していない。良くある質問で「特に学生時代に頑張ったことは何ですか」または「あなたはなぜ弊社に入りたいのでしょうか」と言う質問に対して的外れな返答をしている場合が多いです。

 

 

よくあるのが

 

A就活の面接での質問に対して答えをその場で考えている方、この場合大抵うまく行かないことが多い。

 

就活で聞かれる質問は本質的には同じなんです。確かにその場で考えなければならない質問もありますが割合で言うと9対1くらいが事前に答えを考えられる質問だと考えれます。

 

だから受かる方の場合面接では同じ回答であるので大方1箇所通れば次も通るようになると言いますよ。

 

 

 

参考にしてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

※記事は当「資格スクエア 口コミのまとめ」の管理者が体験やスタッフを通じて得たりし調べてまとめてみた事項です。
参考程度にお考え下さいませ。多少に参考になるかと思います。

 

 

ご拝読有難う御座いました。

 

 

 

関連ページ・コンフォートゾーン

 

トップページ

 

 

トップへ戻る