マイナビ・クリエーターはWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援だからこの様な方にオススメ

マイナビ・クリエーターはWeb職・ゲーム業界に特化した転職支援だからこの様な方にオススメ

「紙ポートフォリオ」もしっかり作成した方が有効

 

転職を考える貴方(Webデザイナーさん、UIデザイナーさん、3DCGデザイナーさん)が、必ず企業に提出する資料、ポートフォリオとは?

 

 

 

一般には大きく分けて2つあります。

 

@紙ベースで作成する「紙ポートフォリオ」

 

Aブラウザ上で作成する「Webポートフォリオ」

 

 

この2つがありますが、Webデザイナーやゲームデザイナーなどのデジタル領域を扱うクリエイターさんは紙ポートフォリオよりもWebポートフォリオの方が自分の実績だとかスキルを最大にアピールできると考えるかと思います。

 

 

でもでも「転職」という立ち居地においては

 

少々その考え方を改めてみては?

 

 

例えばWebだけじゃなくて「紙ポートフォリオ」もしっかり作成した方が有効で望ましいとされています。

 

 

WebデザイナーなのでからWebで表現するのが当たり前でしょと、考えてしまうポートフォリオ、紙ポートフォリオの必要性は一体どこにあるのでしょうか?

 

 

マイナビクリエイターは、転職エージェントであるのでその先をみています。

 

経験から「紙ポートフォリオ」の存在を非常に重要視しています。例えWeb・ゲーム系のデザイナーだからこそ紙ポートフォリオは丁寧に作り、事前に準備しておくべきです。

 

 

≪理由は明確≫

 

 

紙ポートフォリオはWebポートフォリオと用途が異なるだけで、転職活動におけるその「重要度」は全く同じレベルだからです。

 

 

 

また、Web業界向け転職個別セミナーを利用しない手はないです。
何事も行動+準備が他との差がでてくる。

マイナビ・クリエーター,ゲーム

 

 

マイナビ・クリエーターは特にこんな方にオススメ

 

 

@転職活動が初めてで何からスタートしていけばいいかわからない。
A今はそこまで転職を考えていないが、近い将来検討している。

 

Bキャリアアップを考えていて次の転職先について相談したい。
Cまずは情報収集からはじめていきたい。

 

D未経験からWeb業界へ転職する時の必要なことが知りたい。
E市場における自分の価値を確認したい。

 

F転職のエージェントと話すときに、緊張して自分の思っていることをうまく話せない方

 

 

マイナビ・クリエーターは「あなたの人材価値」を高めます。

 

 

Web業界への転職を希望されている。

 

その様な方向けにお一人〜1時間程度の個別相談会をしていくれたりして、専門のキャリアアドバイザーや元Web業界で働いていたという担当者がキャリアについての相談していくれるのだ。

 

しかもマンツーマンで!

 

 

 

 

「参加費は無料」

 

「履歴書」、「職務経歴書」「ポートフォリオ」などと言った持ち物はこの段階では不要だそうですよ。

 

 

このタイミングがチャンス!

 

 

 

トップへ戻る