ゴーレム効果に対してピグマリオン効果とは?

ゴーレム効果に対してピグマリオン効果とは?

ゴーレム効果について

 

 

 

 

ゴーレム効果は「期待されないがゆえに」起きる負の現象だといえます。例えば「君は見込みがないね」そう言われたらどう思いますか? どうせ上から期待されていないんだ..、と落ち込むことでしょう。

 

 

 

 

期待されていないならやるだけやってもムダ。

 

 

 

 

 

どうせ期待されないなら適当にやって切り上げよう。この様に行動してしまうのでは?

 

 

 

 

 

 

期待されないと思い込みいい加減な行動をする結果、更に悪くなる現象を「ゴーレム効果」と言います。

 

 

 

 

 

ゴーレム効果は、教育の現場やマネジメントのなかで、ピグマリオン効果と逆の働きをする心理学の一つです。

 

つまり、ゴーレム効果は期待されなかったら成績が落ちる現象を指しています。

 

 

 

 

 

逆にピグマリオン効果には、成績が向上しよりガンバる現象と言えるでしょう。

 

 

 

 

 

ピグマリオン効果は1964年にネズミを使い発見した。

 

 

 

 

1964年にネズミを使った実験により発見された。
迷路を使い、ネズミの実験にて利口なネズミと利口じゃないネズミの系統を使い調べられます。

 

 

 

 

 

実験結果の差を調べてみたところ、利口なネズミと定義づけられたネズミの方が、結果が良かったいう実験結果がでることを発見しました。つまり期待する結果に対して、学習者や部下が期待通りに応えていることを意味しています。

 

 

 

 

 

 

この実験では、成績が上がる要因として選ばれた人たちに期待を示していると、彼らは期待されていることを意識しそれに応えようとする事が挙げられます。

 

 

 

 

これは期待が相手のやる気を引き出すので、その結果として期待に応えることを示唆しています。

 

 

 

 

 

 

これらは人材育成などのマネジメントに活用することで効果が期待できるといえます。

 

 

 

 

 

 

あなたは優秀だとほめていくと成績はさらに伸びる事がわかっています。逆のゴーレム効果では「君たちは落ちこぼれだ!」と指摘されていくとモチベーションや成績が大きく開いていくのは当然のことでしょう。

 

 

 

 

 

 

ゴーレム効果とピグマリオン効果について記してみました。

 

 

 

コンフォートゾーン?

 

 

 

トップへ戻る