G検定,AIジェネラリスト G検定対策とは?

G検定,AIジェネラリスト G検定対策とは?

G検定とは

 

 

G検定は、非エンジニアであるビジネスマン(ジェネラリスト)向けに、ディープラーニングの基礎知識を有し、適切な活用方針を決定して事業応用する能力を持つ人材かどうかを検定するものです。

 

 

簡単にまとめると、【日本ディープラーニング協会(JDLA)】が主催する「人工知能・機械学習・また深層学習」に関する事業活用する人材(ジェネラリスト)の育成資格試験なのです。

 

 

 

ちなみにディープラーニング(深層学習)とは

 

 

・Wikipediaより出典

 

ディープラーニングは物体認識を中心にさまざまな分野で活用されている。また、Googleをはじめとした多くのIT企業が研究開発に力を入れている。また、自動運転車の障害物センサーにも使われている。

 

 

・知恵蔵より出典

 

近年注目されている人工知能研究の一つで、コンピューターが物事を理解するための新しい学習方法を指す。直訳では「深層学習」。人間の脳をモデルにしたニューラルネットワークと呼ばれる技術を基にしており、ニューラルネットワーク技術を何層にも重ねた構造を持つことによって、これまで実現できなかった抽象的なデータを認識できる点が、大きな特徴。

 

 

 

G検定は、2017年12月に第1回/2018年6月に第2回目とそれぞれ開催され延べ3436名が受験されてTOTAL1959名が合格されています。
合格率はそこそこ高いのですが、簡単ではありません。
おそらく、AIについて基礎知識をお持ちで試しに受けてみたという方も多かった様に思います。

 

 

「2018年11月には第3回が実施」

 

 

 

G検定の試験概要

 

時間:120分、100問(表示される問題数は232問)

 

多肢選択式で、オンライン受験(自宅受験)

 

受験料は:12,960円(税込)でした。

 

 

 

 

G検定問題構成と問題数

 

1.人工知能の現行の議論

 

2.人工知能全般の基礎知識

 

3.ディープラーニングに関する技術的知識

 

おおよそ、「1が約20%」「2も約20%」「3はのこり60%」でしょうか。
こんな構成だと言えますね、問題数は(228問)多いです。

 

 

 

 

 

まとめ

 

試験としてはまだ初回と2回目が行なわれたいうことからも出題傾向はまだだ予想は難しいのですが、AI白書をしっかり読んでキーワードの説明知識さえがあれば合格できるかというとそうでもありません。

 

試験形式はオンラインです。
その点は、ググり参考書片手に受験することもOK。

 

もんだいは、試験時間が2時間で回答数が、233もあり(問題数は100)ココから考えると、一問約30秒しかないのです。
しっかり基礎知識がないと回答が間に合わない問題数と捉えてください。

 

 

G検定対策講座 | 資格スクエア

 

 

G検定(ジェネラリスト検定)試験日程

 

2018年11月24日(土)
2019年3月9日(土)
2019年7月6日(土)
2019年11月9日(土)

 

 

 

資格スクエアのG検定対策講座

 

分かりやすさを重視して作られた「浅川講師のオリジナルテキスト」です。

 

第1章人工知能(118頁)、第2章機械学習(73頁)、 第3章深層学習(183頁)、【オンラインでも表示】され、図・イラストを多数使用しており。加えてオールカラーで製本することで視認性を高め合格の道が見えるのでは無いかと思います。

 

 

※浅川伸一
東京女子大学情報処理センター
博士(文学)早稲田大学
専攻は計算論的神経科学、並列計算、神経心理学など。

 

一般社団法人日本ディープラーニング協会の有識者会員

 

 

 

 <資格スクエアのG検定対策講座>

 

 

 

トップへ戻る