就活「別名目で呼び・選考する」が常態化?その変調とは?

就活「別名目で呼び・選考する」が常態化?その変調とは?

就活が、「別名目で呼び・選考する」のが常態化している?

 

 

就活が3年生夏のサマーインターンシップからスタートするようになっているのですが、このことで就活に変調きたしていると報じられています。

 

 

 

その変調とは?

 

 

スケジュールです。

 

 

 

東洋経済ONLINEによると採用プロセスで登場してきたのが、だまし面接だという!?

 

 

その記事がこれだ ↓

 

 

6割の就活生が「だまし面接」を経験している>≫

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

面接の練習で気を付けたいこと

 

 

 

@個人のPR

 

 

 

もちろんPRとは、:パブリックリレーションズの略ですね。
Public Relationsは広報だとかですが、USAから導入されていてPublic Relationsの略だといいましたが、社会や会社組織とのより良い関係作りと考えられます。

 

※PRSJから出典)下記参照
https://prsj.or.jp/aboutpr/

 

 

 

1、アメリカ(PRSJから出典)

 

「パブリックリレーションズとは、組織体とその存続を左右するパブリックとの間に、相互に利益をもたらす関係性を構築し、維持するマネジメント機能である。」

 

 

 

2、日本では(PRSJから出典)

 

「PRとは、公衆の理解と支持を得るために、企業または組織体が、自己の目指す方向と誠意を、あらゆる表現手段を通じて伝え、説得し、また、同時に自己修正をはかる、継続的な対話関係である。自己の目指す方向は、公衆の利益に奉仕する精神の上に立っていなければならず、また、現実にそれを実行する活動を伴わなければならない。」

 

 

 

 

 

ステークホルダー(利害関係者)と、双方のコミュニケーションを行う。
また組織内に情報をフィードバックし自己修正を図りながら良い関係を構築しながら継続することとあります。

 

 

 

 

 

言われている事としては、中身が伴っていないと面接者から評価が低いものになってしまいます。
きずかれるということです。。
要は、自己PR出来る内容と志望動機のイメージを自分の中でシュミレーションシ繰り返し固めておくことが重要で長くだらだらと話してしまうと低くい評価となるでしょう。

 

 

 

「面接先の担当者さんに時間を頂いている」と考え、面接時間を有益に活用しよう。

 

 

 

 

以上参考として

 

 

トップページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トップへ戻る