テレワークでは部下には具体的な指示法で仕事内容を共有する

テレワークでは部下には具体的な指示法で仕事内容を共有する

今まで同じ職場で日々の作業を特に共感というところが多

 

 

 

 

 

大なり小なり同じフロアや遠くても別階へ行くと直あって確認できたりできます。
そんな感じで今までならば部下に「よろしくねっ」で通じるのですがテレワークではそうはいきません。

 

 

 

「そこまで言わなないでも何となく分かるだろう」という空気感的なことは出来ないですしテレワークではヨクナイ形の指示になるのです。

 

 

 

 

 

基本的には3つのことが大切だ

 

 

 

「仕事を1つ1つ指示」

 

 

 

 

 

@事前に確認、計画を立ててから指示を出す。

 

 

 

部下の仕事への優先順位をつけてあげる。
これは指示が複数あるなら優先順位まで支持しておく。

 

この様に詳細に伝えておくことでその後のリモートでの打ち合わせに役立ちます。

 

 

 

 

 

A業務進行表をうまく活用していく

 

 

 

例えば指示後の業務を把握しておくことが大切で、昨日指示してあるので今頃は1つ目は終わっているだろう!?

 

そんな感覚ではいけません。

 

しっかり共有の進捗表で確認しながら更にリモートで進捗表を照らし合わせて分かりやすく内容のチェックと確認を済ませて進めるといいでしょう。

 

 

 

B実施業務を理解できているか確認

 

 

 

 

数件の案件や指示で全体がみえない。要はただ単に次から次へと指示通りにこなしているかもしれません。

 

状況を確認しながら話し質問させ部下がこの業務を理解して行っているかを見ておくことが大切です。

 

 

 

特に疑問点は素通りされるといけません。
短時間でもリモートやメールで質問、応答を繰り返して業務をすすめていくことがテレワークには必要となります。

 

 

 

 

頼んでから完了まで2日間ほったらかしでできました。
なんてことは依然と環境がかわっておるので常にここでは密な進捗小会議をしていきましょう。

 

 

 

 

上司はコミュニケーションを常にはかりながら必ず数回に分けて指示する。
そのほうが正確に伝わり良い納得の成果が生まれると考えてください。

 

 

 

 

 

コロナ時代の上司や先輩とのやりとりで感じるストレスの1位は、やはり指示の方法とあります。
場合によってはコミュニケーション不足となり言動に問題が発生することもあるようです。

 

 

お互いがコロナで環境が変わり感情的になることが悪循環となります。

 

 

 

テレワークで徐々にストレスがたまり機嫌のよしわるしが分かりやすくでてしまう事もあるようです。

 

 

 

質問しやすい環境つくり

 

 

 

常に信頼しあい良い仕事作りをしましょう。
進捗表で細かにわからないことなどは素直に質問し応えてあげ新たに豊な関係をつくりましょう。

 

 

 

それが積み重なり会社の功績につながるのです・

 

 

 

テレワークは環境も以前と違う

 


・孤独感さえ覚えたりする・・・

 

 

 

質問しやすい環境をつくることは上司や経営者は考えてほしいと思います。

 

「挑戦する気持ちを持ち続けてほしい」



コロナ対策も大変だけれど選択しながら進むしかない!

 

がんばろう

 

 

 

 

無料体験のレアジョブ英会話が選らばれる3つのワケとは?

トップへ戻る