日ごろよく使うワードの間違いを簡単にまとめたページ

目上の方に対するNGワード?

NGワードの文例にはどんなものがある

NGワードの文例にはどんなものがあるの?

 

いくつかまとめて見ましたのでチェックしてみて下さいね!
NGワード,間違い

 

@ ご苦労さまです  本来は NGワード,間違い  【お疲れ様でした】

 

 

これは、自分の為にやってくれた作業(仕事)に対して使う言葉。 
◆本来は『お疲れ様でした』を使うのです。

 

A 助かります・助かりました  本来は NGワード,間違い  【お手数おかけしました】

 

これは本来先輩などへの敬いのある言葉ではありません
例としてはやはり、◆本来は『お手数おかけしました・ご迷惑をおかけしました』を
使う様にしましょう。

 

B 分かりました  本来は NGワード,間違い  【承知いたしました】

 

分かりましたとは、目上に対しては失礼に当ります。
◆本来は『承知致しました』を使う様にしましょう。

 

同じように(了解致しました)も、『承知致しました』を使う様にしましょう。

 

C  大丈夫です  これは ・・・いろいろな場面で使える便利なフレーズですね

 

いろいろな場面で使える便利なフレーズなのですが、ビジネスシーンでは
【はい ご予約いただけます】や【質問はありません】と
言い換えるだけで丁寧な印象になりますのでここは臨機応変に対応しましょう。

 

D 感心しました  本来は NGワード,間違い 【感銘を受けました】

 

目上の方、年上の方にはふさわしくありません・感心は、目下の人に言う言葉です。 
◆本来は 『感銘を受けました』 を使いましょう。

 

E ガンバってください   本来は NGワード,間違い  【ご活躍orご成功をお祈り致します】

 

◆よりベターです・『ご成功をお祈り致します』を使う様にしましょう。

 

F 出来ません   本来は NGワード,間違い   【いたしかねます】

 

この場合常識として、話の相手がお客様の場合としまして、
遠まわしな言い方を使う方が良いでしょう。

 

G なるほど   本来は  NGワード,間違い  【さようで御座いますか】

 

 なるほどは年の上の方が、言う言葉ですね。 

 

◆わたし達下のものは、『さようで御座いますか』 を使いましょう。

 

H すいませんが   本来は  NGワード,間違い  【恐れ入りますが】

 

ビジネスマナーとして、『恐れ入りますが』を使いましょう。

 

I 今行きます    本来は  NGワード,間違い  【ただいま参ります】

 

この場合目上の人に敬意を払うことばで、『参る』 を使います。

 

 

別1: (各位) ですが・ 社内文書でよく使用しますね

 

この各位は、目上・年上の方にとってもよく使い失礼には当りませんので問題なしです。 

 

別2:  2重の敬語には、注意を! 

 

(お)と(ご)の使いすぎには特に注意をしてください。

 

その他、自分で調べる力を身に付けて自らのスキルアップにつなげてくださいね・応援致します。
    NGワード,間違い

 

 

 

トップへ戻る